2010年4月度のトピックス

 

4月18日

 真の実力は...。手応えなき勝利の連続


 春以降の試合戦績は21戦17勝2敗2分。練習試合の2試合目にメンバーを大幅に入れ替えて負けた以外は、実質的には選抜大会の広陵戦が唯一のガチンコ敗退。春季大会の1次戦が免除のため、この日曜日も練習試合を行ったが、三重県の宇治山田商業に勝った。しかしどうもずっきりしない。投手陣、特に選抜でベンチ入りしていた3年生投手陣がぴりっとせず、またレギュラーを奪おうかという勢いのある新戦力が下級生に乏しいせいかもしれない。「こんなもんだ」という錯覚がチームに蔓延し、向上心や競争心が薄れることが一番怖い感じがする。

 

4月12日

 休養日の設定。新学生野球憲章を受けて


 4月1日からの「新学生野球憲章」実施に伴い、定期テスト前と年末年始以外の休養日のなかった卯瀧野球にも休養日が導入されることになった。練習過多になることを懸念し、学業との両立という観点からも休養日の設定は不可欠であるとされたものだが、入部以来「休養日なし」が当たり前だった部員には突然のこと。当面4月については「月曜日」とするが、学年で休養日を別にするか、天候と関係によるかなど検討すべき課題はある。これを後退としてはいけない。あくまでも「前進」とすべきである・