保護者会

2019年01月31日

12月7日(金) 全国私学助成をすすめる会主催の院内集会に参加しました。

 全国31都道府県から273名の教職員、保護者、生徒が集まり衆議院議員会館で開催された、「学費の公私間格差・自治体間格差是正を求める院内集会」に参加しました。
 2014年から実施された新就学支援金制度により、2017年度の経済的理由による学費滞納率は調査開始以来最小となったが、自治体間には格差が拡大している状況で、さらなる国の就学支援金制度の大幅拡充等を求めることが必要との報告がありました。午後からの要請行動は今回は参加人数に限りがあり、私たちは参加できませんでしたが、集会では40名を超える国会議員の方々から激励のご挨拶をいただき、署名活動の必要性を再認識しました。
(文責:私学助成委員長)

戻る