保護者会

2015年06月26日

「和みサロン」

6月13日(土曜日)午後1時より恒例の和みサロンが開催されました。

レザークラフト

毎年人気のレザークラフト。今年もネームホルダーを作成に挑戦していただきました。
土台となるホルダーの色は、白、ネイビー、ピンク、水色でこれに各自が大中小の花を様々な色合いで組合せ土台に飾っていきます。花びらにはラインストンを糊付けし、世界に1つのオリジナル作品の出来上がりです。
作品を首から下げて帰られる姿は、とても誇らしげで・・幸せを感じる瞬間でした。

今年は68名と多くの方にご参加いただきましたので、2部に分かれて体験していただきました。


ヘリテージDECO

真っ白いハンガーとハート型の石鹸に、カラフルで素敵な柄の紙ナプキンから 好きな柄を選び、張り付けると・・キュートなハンガーと石鹸のオリジナルの作品が出来上がりました。水に濡れても紙ナプキンの素敵な柄はそのままです。
株式会社日本ヴォーグ社の講師 栢森先生にご指導いただき、ご参加いただいた21名の皆さんの作品、どれもとても素敵でした。


朝日焼

宇治川のほとりにある作陶館から朝日焼窯元の松林佑典先生をお迎えし、参加者25名でお皿を製作しました。
朝日焼は、慶長年間(1596~1615)に開窯したと伝えられる由緒ある陶芸です。
今回は、直径20センチほどのたたらを思い思いの形にし、えんぴつやハンコで色々な模様を入れてお皿をつくりました。
参加者の皆さんは、約1カ月後に焼き上がりが届くのがとても楽しみと話されていました。


シャドーボックス

日本で唯一Suzy’s Zoo の絵柄を使用できる Belle Forme の 大角先生をお招きし、25名の方と共に シャドーボックスを作成しました。
シャドーボックスとは、
ヨーロッパ生まれ アメリカ育ちのおしゃれな立体的ペーパークラフトです。
カットは細かな作業になりますが みなさん真剣に取り組まれていました。 出来上がった作品は同じSuzy’s Zooの絵柄でも 糊付けの仕方や立体感の出し方により 個々に表情が違い ます。 『可愛い〜』の声が あちこちから聞こえ、ハートをちりばめた オリジナルのSuzy’s Zooのシャドーボックスを 持ち帰られました。
(文責 文化研修委員)



戻る