保護者会

2015年03月24日

3/19 2014年度中学「卒業を祝う会」が開かれました

あいにくの雨ではありましたが、春を感じさせる気温に恵まれた暖かな日となりました。
午前に行われた卒業式に引き続き、ホテルグランヴィア京都に会場を移して午後14:30より卒業を祝う会が開催されました。
生徒と先生方、保護者の皆様を合わせた約400名の方々が集い、時折涙を誘うおごそかな卒業式とはがらりと雰囲気を変えて、明るく活気に満ちた楽しい時間となりました。

立命館宇治の学校紹介ムービーに使われた倉木麻衣さんの曲をBGMに、担任の先生を先頭に今日の主役であるたち卒業生が入場して会は幕を開けました。保護者会会長 中川様、チャールズ・フォックス校長先 生、教育後援会会長 山仲様にご挨拶をいただき、大竹副校長のご発声による乾杯の後、和やかに食事が始まりました。

食事の間には木越先生が編集してくださった卒業生達のDVDが会場の二つのスクリーンに流されました。保護者テーブル席はのこれまでの成長ぶりや高校生活への期待に満ちた明るい話題で持ちきりでしたが、空腹を抱えていた子どもたちはあっという間に食事を平らげ、あちこちのテーブルを行き来し始めました。その頃合いを見計らって卒業委員の方々が企画されたジャンケン大会が始まりました。勝負事には燃える立宇治生、最後の勝者が決まるまで真剣そのものの対戦が繰り広げられ、子どもたちは大興奮。続いて、先生方によるクイズ大会となり、こちらも正解ポイントを獲得するたびに大騒ぎ。1位は子どものテーブルが獲得したのですが、先生方の年齢や出身地、幼少期の写真を当てるなどかなりマニアックな問題だったにも関わらず、2位・3位をジャンケン決戦に勝利した保護者テーブルが占めるという意外な結果に終わりました。

そして、先生方から卒業生への卒業祝いは、山本先生伴奏による「Story」の合唱でした。個々の独唱も織り交ぜながら笑いと感動が巻き起こる中、BGMは福原先生のピアノへと引き継がれ、先生方それぞれのお祝いの言葉をいただいた後、生徒代表から先生方へ花束が手渡されました。最後に竹内卒業委員長からのご挨拶、閉会のことばにより、会は幕を閉じました。

今年は生徒たちのパフォーマンスがなかったのが少々残念でしたが、生徒の成長が何よりの先生方や保護者の皆様へのプレゼントになったことと思います。お世話になった先生方への感謝は言葉に言い尽くせません。そしてすばらしい会を企画してくださいました卒業委員の皆様方、ありがとうございました。
保護者の皆様方、保護者会活動へのこれまでのご協力に感謝しますとともに、これからも変わらぬご支援をいただきますことをお願い申し上げます。ありがとうございました。 (文責 N・Y)


「中学卒業を祝う会」をもちまして、2014年度の保護者会行事は全て終了いたしました。ご愛読いただきました皆様、誠にありがとうございました。
2015年度も我が校の保護者会活動をご紹介してまりいます。どうぞお楽しみに。 (2014年度 保護者会広報委員会一同)

戻る