保護者会

2015年02月09日

1/31 高3学年行事で伏見桃山散策とお食事会をしました

前夜のオールりつうじ大新年会に続いて、翌日31日には高3学年行事が開催されました。今回は「伏見桃山散策とお食事会」と題し、伏見近辺を散策したのち、ミシュランで星を獲得しておられる「魚三楼」においてお食事をいただくコースでした。
11時に「大倉記念館」前に集合し、各クラスごとにそれぞれの行先に向かいます。竜馬ゆかりの「寺田屋」に向かったクラスや、そのまま「大倉記念館」で日本酒の醸造について、ガイドボランティアさんからお話を聞いたクラスなど、さまざまありました。それぞれ非日常を楽しみ、日本酒や酒粕などをお土産に買い求める姿もありました。

散策を終えた面々が1時30分頃からぞくぞくと「魚三楼」に集合。先生方も合流されて、80名を超える出席者が大広間に一堂に会した姿はまさに圧巻。おいしいお料理をいただける予感・・・と気持ちが弾みました。
藏田学年委員長の挨拶のあと、深江主任から卒業間近の子ども達の様子などを織り交ぜたご挨拶と乾杯のご発声いただき、和やかにお食事がスタート。被せられていた懐紙を外すと、お膳にしつらえられたお料理に歓喜の声が上がりました。どのお品もとてもおいしく、お腹だけでなく心まで豊かになるようでした。

会食の途中で、ご出席いただいた先生方に一言づつ語っていただき、その後、この1年間活動してこられた、専門委員会と卒業委員会の皆様にこの1年の想いを語っていただきました。卒業委員会は、いよいよ3月2日に迫ってきた「卒業を祝う会」について、老眼世代には嬉しい大きな表を広げていただき、会場までの往路のバスについて詳しく説明していただきました。「とても見やすくて良かった」という絶賛の声が響いていました。

およそ2時間食事を楽しみ、話も尽きない中、宴はお開きに。こうして学年行事は全て終わり、いよいよ卒業だなという少し寂しい想いと、立命館宇治で培った保護者同士の友情に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
こんなに仲のいい学年にしてくださった、学年委員会の皆様、ほんとうにありがとうございました。お忙しい中ご出席いただいた先生方、ご出席の皆様、たくさんの思い出をありがとうございました。(文責K.K)

戻る