保護者会

2014年12月18日

12/13 私学助成委員会・署名用紙集約作業を行いました

12月も早半ば、何かと気忙しさを感じる時季となりました。そんな中、私学助成委員会の今年度活動の集大成となる「私学助成署名用紙集約作業」を13日(土)午前9時より学校大会議室において行いました。当日は、お部屋の都合でお昼までに仕上げなければならない制約があり、例年に比べて1時間繰り上げての開始にも関わらず、私学委員の皆さんは朝早くから足を運んでくださいました。
宗像私学助成委員長からの挨拶、中川保護者会会長の挨拶と続き、学校側からは総務部長の野村先生にもご挨拶をいただき、この1年の皆さんの労に感謝の気持ちを述べていただきました。
その後、宗像委員長より作業の進め方についてのお話をいただき、各学年の委員さんによる集約作業が始まりました。いただいた一筆一筆が無効とならないよう、確認作業を続け、提出先での不備がないようにしていきました。その後、1000筆ごとに束ね、作業は終了しました。

今年度も皆様のご協力をいただき、既に50,000筆を超える署名が集まっております。また活動に対するご寄付も50万円を超え、お心を添えていただけたことに心より感謝いたしております。
正式な筆数などにつきましては、広報誌「茶だんご」46号(2015年3月発行)に記載させていただきます。ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。
集約させていただいた署名は、24日には京都府庁に、翌1月には国会に、責任を持って提出させていただきます。皆様の署名が私学で学ぶ子ども達や学校、保護者の負担軽減につながりますよう、しっかりとお話させていただいてまいります。

来年度も、私学助成委員会の活動は続きます。どうぞ引き続きご支援賜りますよう、心よりお願い申し上げます。 (文責 K.K)

戻る