保護者会

2014年07月29日

7/19 文化研修行事「和みサロン」が開かれました

7月19日土曜日の午後、文化研修委員会行事「和みサロン」が、開かれました。今年は、パワーストーンブレスレット・プリザーブドフラワー・レザークラフト・ヘリテージDECOの4つの講座を用意していただき、参加者がそれぞれ希望の講座で楽しみました。

・パワーストーンブレスレット
 簡単そうだと思って申し込みました。でも意外と大変でした。作業ではありません。たくさんある天然石を選ぶのにすごく時間がかかりました。講師の梅沢先生のご説明と説明書を首っ引きで、自分の願いや想いを叶えてくれる石を見つけるのです。金運や人間関係、健康に恋愛、厄除けなどそれぞれの想いを詰め込んでブレスレットにするのですから、時間がかかります。やっと選んだ天然石にガラスや金属、プラスチックの飾りを織り交ぜながら自分サイズのブレスレットにしていきました。皆さんすいすい作り上げられていくのを見て焦りに焦りながら、石を並べますが、やはりセンスが必要でした。私のものは最後に周りの方々にアドバイスをもらって作り上げるという・・・ちょっと恥ずかしい結果になりましたが、出来上がりには満足しています。先生はお優しく、とても丁寧に教えてくださり助かりました。(文責 K.K)

・ブリザーブドフラワー
ブリザーブドフラワーの講習に参加させていただきました。繊細なブリザーブドフラワーにワイヤーを通すところは少し神経を使いましたが、オアシスに差し込んでいく作業はちょっとしたコツを先生が教えて下さり、自由に楽しんで仕上げていくことができました。出来上がったアレンジメントは、「それぞれの個性がよく出ていますね」と講師の森本先生もおっしゃっておられました。透明なガラスの器に涼やかな色合いのブリザーブドフラワーを施して夏らしいさわやかなアレンジメントとなりました。(文責N.Y)

・ヘリテージDECO
(株)日本ヴォーグ社ヘリテージDECO本部講師、ヴォーグ学園心斎橋校 JEUGIAカルチャーセンター講師 柏森 友紀子先生のご指導のもとヘリテージDECOを体験しました。
トールペイントなんてとんでもなく、ステンシルも上手に出来ない絵心もなく不器用な私ですが、沢山の素敵な紙ナプキンから絵柄を選び貼りたい物に専用ののりを塗り貼るだけというとっても簡単な工程なので楽しく素敵な小物ができました。
今回はハート型の石鹸、トートバッグ シェル型小物入れと3つも作らせていただき紙ナプキンもエレガントなもの、かわいいもの、植物 動物 お菓子と種類も豊富でどんな絵柄を選ぶかでそれぞれ全く違うものになり、どの方の作品もとても素敵でした。こんなに簡単にかわいい小物ができるなんてとても驚きでまた作りたいと思いました。(文責M.F)

・レザークラフト
 講師の伊藤先生のもと、例年人気のあるネームプレートづくりをされ、皆さん一所懸命ネームプレートをレザーのお花で飾っておられました。レザークラフト講座はとても人気があり、唯一2回講座になりました。木づちでレザーを打ち付ける音がとても楽しげでした。

☆広報委員会では、今回出席された保護者の皆様にアンケートを取らせていただきました。どの講座も皆様楽しまれたようで、「満足・楽しかった・しゃべった・集中した」という意見が大半を占めました。
 自分の作品を採点すると「100点」という意見が多く、どの講座も満足されています。「来年も参加したい」という声も多く、定着した行事になったことがうかがえます。
 アンケートの結果は、10月発行の「茶だんご45号」で、発表いたします。

ご準備いただいた文化研修委員のみなさまありがとうございまいた。 また、アンケートにご協力いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。(文責K.K)

戻る