保護者会

2010年11月24日

11月20日高校3年学年行事 『近江八幡散策』

 11月20日(土)に開催されました。その日は天気が危ぶまれていましたが小春日和の絶好のお天気でした。学年主任の太田先生と保護者39名が参加いたしました。京都駅の各電車の改札出口あたりに‘R’の文字と赤い立宇治ジャンパーに誘導されバスに乗り込み名神を東へ。竜王インターを下車し、近江八幡市にたどり着きました。ここには昔、豊臣秀吉のおいである秀次の居城がありそのお堀の跡を使って水郷めぐりが行われています。菅笠をかぶった船頭さんがガイドしながらゆっくりと葦や蒲の間を滑るように手漕ぎ舟は進んでいきます。約50分の水郷めぐりの間に鷺やカイツブリ・鴨などの野鳥も見かけることができました。
 ちょうどお昼の時間となり数分のところにある近江牛レストラン西川にて近江牛を自分の好きな味でゆっくりと味わい、特産品の丁字麩や赤こんにゃくも口にすることができました。
 お昼からは観光ボランティア“てんびんガイド”さんと一緒に八幡堀周辺にある近江商人のお屋敷あとやかわらミュージアムを見学しました。ユーモアたっぷりのガイドさんの説明で時代劇出てくる景色や文化財を秋の紅葉とともに味わいました。
 みなさんの関心は・・・・・ここ近江八幡はたねやで有名です。そう、焼きたてバームクーヘンで有名の日牟禮ヴィレッジ クラブハリエがあります。趣きあるイギリス調建物とイングリッシュガーデンがあり、見学だけでも一見の価値がありますが、お土産をも買うことができ、目もおなかも満足の一日でした。

戻る