News & Topics

2019年10月05日

高3「フードデザイン」国際化の中での和食の文化を学ぶ
~だしの学習~

美濃吉(株)常務取締役調理総支配人佐竹洋治様により、「国際化の中での和食の文化~だしの学習~」と題して、講演と実習をおこなって頂きました。
ユネスコの無形文化遺産に登録され、注目される「和食:日本人の伝統的な食文化」について、講義をして頂きました。また、世界各地で和食を提供してこられた実践から、様々な国における食文化についても教授いただき、特にハラール料理に和食を取り入れる難しさ、その中でも和食を創造していく努力をされていることを知りました。
実習では、昆布とかつお節の一番出汁を実演していただき、天然鯛と舞茸のお吸い物と5種類の京の野菜の出しご飯を試食させていただきました。
本物に触れる体験ができた感動で、生徒は大満足の様子でした。



戻る