News & Topics

2018年11月01日

高校陸上部・2018年度御嶽山合同合宿

 日程:第1回 8/8~14(6泊7日) 第2回 8/23~29(6泊7日)
 昨年度に引き続き、今夏も全国高校駅伝出場・優勝入賞を目指した、全国高校駅伝に出場経験のある学校を限定とした御嶽山合同合宿を実施しました。参加校は本校立命館宇治高校、須磨学園高校、大阪薫英女学院高校、常盤学園常盤高校、常葉大学付属菊川高校の5校です。総勢100名の選手が参加し、A~C班に別れた班別練習を行いました。
 全国インターハイ明けであったので、前半は8000~10000mクロスカントリーと150m快調走×5というゆったりとした走り込みを行いました。目的別に利用施設を変え、午前はチャオクロカンコース、午後はパノラマトラックで走り込みを行いました。気温は16~22℃と、気温の高い下界では到底消化できない練習ができました。体育館でもモチベーションを意識したミーティングや、補助トレーニングを利用した練習を行うことができました。充実した練習環境のおかげもあり、生徒たちは更なる高い目標を見つけ、自身を高めることができました。
 宿泊施設のスポーツインオラでは、掃除、洗濯、配膳など身の回りのことを生徒自身で行うことで、生活態度から自分を律する心を養いました。食事を用意し、見守って下さった施設の方はもちろん、多くのあらゆる方々に支えられていることを実感できたので、今後の練習でより一層力をつけようと、思いを強くすることができました。駅伝本番がいよいよ迫り、生徒たちは、この合宿で培った力を十分に発揮できるよう、今日も練習に打ち込んでいます。





戻る