立命館宇治中学校・高等学校

SGH

Ritsumeikan Uji Junior and High School

SUPER GLOBAL HIGH SCHOOL

スーパーグローバルハイスクール(SGH)概要

NEWS & TOPICS

スーパーグローバルハイスクール(SGH)とは

「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」とは高等学校等におけるグローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、もって、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図ることを目的として平成26年度から始まった、文部科学省による事業です。

SGHホームページはこちら外部リンク

本校のスーパーグローバルハイスクール構想

本校は、確かな基礎学力と高度な問題解決型学力の養成、海外進学に道が開かれた中高大一貫教育を通じて社会に貢献する人材の育成を目指してきました。近年、IB(国際バカロレア)コース・IM(イマージョン)コースの展開により、海外大学への合格者・進学者が増加し、成果が出始めています。今後、IB教育が本校グローバル・リーダー育成の牽引役を果たすと同時に、「国内育ちの生徒がグローバル・リーダーとして成長する」ことを圧倒的な規模で実現するために、今次スーパーグローバルハイスクール(SGH)事業に挑戦します。

スーパーグローバルハイスクール構想

研究開発構想名

社会貢献とイノベーションの志で問題解決に挑む人材の育成

研究開発の概要
  • 1「宇治・京都・世界をつなぐグローバル・アントレプレナーシップの研究」の統一テーマに基づき「世界の環境・社会問題を解決するソーシャル・ビジネス」「グローバル企業におけるCSR戦略」「宇治・京都の文化を世界に発信するビジネス」の3テーマを英語で追及する課題研究科目「Global Leadership Studies」を研究開発する。【IMコース】
  • 2国際バカロレア・ディプロマプログラムの方法論を活かし、日本語によるPBL型授業科目として「TOK」「歴史」「物理」を研究開発する。【文科・理科コース】
  • 3グローバル・チャレンジ・プログラム(GCP)の内容充実と参加規模の拡大をはじめ、海外大学研修プログラムの充実、短期長期留学の新規プログラム(英語と第二言語を習得するトリリンガル留学やトップアスリートの育成スポーツ留学)を研究開発する。【高校・中学・IM】
  • 4国際高校生フォーラム(ISF)に全校生徒及び国内SGHが参加できる形態に工夫すると共に、短長期留学生を大規模に受け入れる方策を研究開発する。【高校】

※TOK:Theory of Knowledge=「知識の理論」というIBのコア科目。
※PBL:Problem-Based Learning=問題解決型学習のこと。

研究開発の目的・目標
目的

IB・IMコースを中心にグローバル人材育成教育を高度化し、日本の中等・高等教育の質的転換に貢献する。

  • グローバルリーダー像
    グローバルリーダー像
    社会貢献とイノベ―ションの志を抱き、世界の人々と共同し、問題解決に挑戦する人材。
  • 達成目標
    達成目標
    2割が海外大学へ進学する、4割が英語で授業を受ける、8割がCEFR B1以上の英語力、10割が社会貢献活動に参加する。(平成30年度卒業時の学年生徒比)