News and Topics

October 31, 2016

SGH Research Project 1 (GLS) Stage 2
October 07, 2016

 10月7日金曜日、立命館アジア太平洋大学(以下APU)初代学長 坂本和一様をお招きして、
「グローバルリーダーとして成長するために」 というテーマで、GLS第2ステージの講演をしていただきました。
10071s

 坂本様は、新しい大学を1から作り上げるという、非常にまれで貴重な仕事を担い、APU創設時の想いにも言及されました。「立命館アジア太平洋大学という名前の中に、アジア太平洋がある。これは、地域名としてではなく、時代名としてつけた。これからはアジア太平洋地域の時代で、世界の動きの中心になる。」という新設大学命名時の想いに生徒は感銘を受けました。
 また、「物事に最初からすべてを見据えているということは難しいけれど、迎え入れる国際化というコンセプトを成し遂げるという想いに皆が惚れた。また、ネットワークの中で皆に助けていただいた。」という言葉は、新しいものを作り上げるリーダーの大切な資質を表現した言葉だと感じました。
10073s 10072s

🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹🔹
On the 7th of October, Friday, we welcomed Mr. Kazuichi Sakamoto who was the first president of Ritsumeikan Asia Pacific University to our 2nd stage GLS class.
The theme was ”Tips for the next Global Leaders.”
He was one of the key members who established the university, which is quite a rare and important job. He shared the reason why they put the name on the university. “The university has ‘Asia Pacific’ in its name. This Asia Pacific does not mean the area, but the era. Asia Pacific is to be the key player in the world.” This motto, made when the university was established, has had an impact on the students’ thinking.
Furthermore, his speech described one of the qualifications to be a leader who can impact the students. “Even though having a concrete vision toward the project we face is quite tough, the principle, accomplishes internationalization by welcoming people from all over the world, attracts people. We were grateful for the network we had, which helped us out.”

Back

News and Topics

ページの先頭へ