News and Topics

July 1, 2016

SGH Research Project 1 (GLS) Stage 1
July 1, 2016

20160701A 20160701B

 

 GLS第1ステージの一環として、世界遺産平等院住職神居文彰様から「世界遺産の文化伝承」という演題でご講演をいただきました。
 神居様は、日本文化を永遠ではなく修理をすることを前提にした文化と表現されました。例えば、茅葺屋根については、茅葺を取りやすいようにして作っておくことで、修繕に備えています。完成されたもので、いつまでもそのまま存在する訳ではないことを分かりやすく説明してくださいました。
 その上で、平等院の修復についてもお話しして下さりました。修復をするかどうかという判断は、やはり大変難しい決断であったようです。修復後の現在は鮮明な朱色に覆われている平等院ですが、修繕前の枯れた色の状態は、それはそれで枯れた美しさがありました。また、修復の際には、さまざまな意見がある中で、自分の感覚に近いもの、心地いいものを正義であると思ってしまうことの怖さを感じたようです。バランスをとること、調和をとる重要性について考えさせられました。
 本校が所在する宇治市に世界遺産である平等院があること、またその平等院からわざわざ住職が来校していただけたことは生徒にとって大変意義深いものになりました。本日の経験は、生徒が留学した先で日本の文化を紹介する大きな一助となりました。

 

   On the 1st of July, Friday, we had a lesson of GLS 1st stage from Mr. Monshou Kamii who is the head monk of Byoudouin. Byoudouin is a UNESCO World Heritage site here in Uji city. The theme of the lesson was “Cultural transmission of world heritage.”
   Mr. Kamii spoke about the importance but also the impermanence of Japanese and indeed all cultures. He used the example of a thatched roof which can easily be replaced, but is necessary as well. He said that we should remember that nothing is permanent.
   Furthermore, he spoke about the restoration of Byoudouin. According to him it was quite a difficult decision whether to restore it or not. Now red, the color of the building which has been restored, attracts us, and also a chic color, the color of the building before it was restored, attracted us. Moreover, hearing various opinions regarding whether to restore it or not, he dreaded to decide. He felt it is important to balance and to harmonize.
   The students recognized that Ritsumeikan Uji is a part of Uji city. Having a lesson from him gave the students much to think about. Today’s lesson will be a big help when they start studying abroad.

Back

News and Topics

ページの先頭へ