1999 Spring 京都リーグ戦

Panthers京都代表として関西大会へ

とうとう念願の京都チャンピオン、関西大会出場の夢が実現しました。 97年以来、幾度かそのチャンスを得ながらものにできず、 涙をのんで卒業していった先輩たちの本当に地道な前進を 後輩がさらに先に進め、新しいステージに上ってくれました。

5月15日の同志社国際戦にも クラスメートや父母や多くの先輩や卒業生の保護者までが応援にかけつけ、 同志社の先制点に地団駄を踏んで悔しがり、 パンサーズの同点劇に胸をなで下ろし、 逆転に歓喜しました。 それにしても、この日の優勝をかけた戦いで同志社国際にはすさまじいものがありました。 試合の結果を見ても分かるとおり。1点差、たったキック1本の差です。 同志社国際の必死の追い上げにチームはかたく団結して戦いました。 メンバーの怪我を全員でフォローする、まさに総力戦でした。

いよいよ次は関西の強豪が出そろう「関西大会」です。 この初めてのステージで我らの立命宇治パンサーズが どれほどの戦いを見せてくれるのか。 また新しい楽しみが増えました。

99年春京都リーグ戦の結果
99Spring 紫野高校 平安高校 同志社国際 立命館宇治 現在の勝率
紫野高校
Purple Gang
***** 22-6 0-13 0-8 1勝2敗
平安高校
White Elephants
6-22 ***** 0-6 6-19 3敗
同志社国際
Wild Rover
13-0 6-0 ***** 14-15 2勝1敗
立命館宇治
Panthers
8-0 19-6 15-14 ***** 3勝

99年春の京都リーグは本当に波乱の連続でした。 昨年秋のリーグの順位がまるっきり入れ替わる結果となり、 本当に高校生の試合というのは結果はでてみなければ分かりません。

試合にはチアリーダー部が応援に駆けつけてくれました。ほんとうに御声援ありがとうございました。