■ 第45回関西高等学校アメリカンフットボール選手権大会

関西大会2回戦で敗退

Ritsumeikan Uji High "Panthers" was defeated in Keimeigakuin "Saints"

2015年6月6日(土)関西大会2回戦がエキスポフラッシュフィールドを会場に行われ、立命館宇治高校は兵庫代表の啓明学院高等学校Saintsと対戦、接戦するも16-23で敗退しました。

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
立命館宇治高校 Panthers
0
0
14
2
16
啓明学院高校 Saints
0
10
0
13
23

立命館宇治は第1Qフィールドポジションが悪く、自陣で戦う時間が長く、第2Qには啓明学院のランプレーにより得点を許すと、パスインターセプトから自陣奥深くへ切り込まれ、フィールドゴールから失点。前半は0-10と生彩を欠く。後半に入ると、立命館宇治はキックリターンから息を吹き返したような攻撃を見せ、ドライブを続けそのままタッチダウン。その後もパスプレーで相手をかく乱して得点を獲得し、14-10と逆転に成功する。その後、啓明はキックリターンからランプレーで押して得点、14-176と再逆転。まだ時間は充分ある。再々逆転を狙う立命館宇治オフェンスが、さあ行くぞとパスを投じたそのボールを啓明のディフェンスがインターセプトしてそのままタッチダウン。14-23。9点差を追う立命館宇治。残り時間が無い中、敵陣奥深くまで進むもゴールラインを超せず、攻守交代。啓明オフェンスは時間消費作戦。立命館宇治のディフェンスは3回の攻撃を凌ぎ、啓明はパントを選択。ところが、ボールを後逸し、セフティ2点が立命館宇治に与えられた。これで16-23。7点差。時間は1分を切る。タイムアウトは使い果たした。立命館宇治はパスを懸命の投じるも、相手ディフェンスの猛攻を受け、奇跡は起きず。

 

 

photo by N