■ 第45回全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会

関西大学第一高校に勝利

Ritsumeikan Uji High"Pnthers" won Kandai"KAISERS"

2014年11月15日(土)第45回全国高等学校アメリカンフットボール選手権二回戦。立命館宇治高校Panthersは関西大学第一高校"KAISERS"と戦い、26対15で勝利しました。

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
立命館宇治高校
7
7
6
6
26
関西大学第一高校
6
3
6
0
15

立命館宇治の攻撃から試合は始まりまったが、立命館宇治のオフェンスの立ち上がりが悪く第一シリーズはパント。その切り返しで関大一高のオフェンス一発目のランプレーでいきなりのタッチダウンを奪われ、序盤から0-6とリードを許す。その後、立命館宇治のオフェンスがランプレーを中心にシリーズを構成し、タッチダウン獲得。7-6と逆転。しかし2Qにまたもや関大一高ずるずると前進され、フィールドゴールで3点を与え、7-9。負けじと立命館宇治オフェンスは前進を重ね残り2秒で4thダウンギャンブルでタッチダウン(※上の写真)により14-9と再逆転し、前半終了。

後半に先に得点を得たのは関大一高。自陣深くからパスを通して立命館宇治のディフェンスを振り切りタッチダウン。トライフォーで2ポイントを狙うも失敗。14-15。関大一高が1点のリード。リズムを取り戻した立命館宇治オフェンスがその後、次々と前進を重ね。タッチダウン。20-15。今度は立命館宇治がリード。めまぐるしく入れ替わる得点。オフェンスの奮闘にディフェンスも奮起し関大オフェンスを食い止め、4Qにさらに立命館宇治が得点。26-15。11点差に。その後関大の攻撃に立命館ディフェンス陣が厳しい当たりを見せ、関大一高がボールをファンブル。押さえたのは立命館宇治。ここで試合はほぼ決まった。残りは時間を使って立命館宇治がオフェンスで前進を重ね、フィールドゴールをするもカットされ得点にはならず。残り時間僅かで関大一高が攻撃するもゴールには届かず、試合終了となった。

次は、11月22日(土)に立命館守山と立命館対決。EXPO FLASH FIELDにて11時キックオフ

 

photo by N