■ 第43回関西高等学校アメリカンフットボール選手権大会

高槻高校に競り合い勝ち

2013年6月8日(土)第43回関西高等学校アメリカンフットボール選手権大会2回戦が開かれ、立命館宇治は高槻高校と対戦。接戦を制し勝利を収めました

大阪府大会優勝の高槻高校に対して、京都代表の立命館宇治が挑む今回の試合は、予想通り激しい競り合いの試合でした。得点が動いたのは第2Q、立命館宇治の先制6-0から均衡が崩れます。抗する高槻高校は、ロングパスからタッチダウンを奪い6-7と逆転。さらに立命館宇治は、第2Q残り僅かでパスを駆使してタッチダウンを獲得13−7で前半を折り返します。第3Qは立命館宇治のオフェンスから始まり、勢いに乗ったドライブが続き第3Qに追加点を獲得21-7と突き放しにかかります。しかし、負けじと高槻は第3Qの終わりに7点を奪い、21-14と1TD差に迫ります。第4Qは立命館宇治のオフェンスも好調に見えたもののゴール前のパスを高槻にインターセプトされ、流れが高槻に傾きます。高槻高校は落ち着いたパスを次々と通して第4Q残り47秒でタッチダウン。トライフォーで2点コンバージョンを選択し、ショートパスで勝負に出ましたが、立命館宇治のディフェンスにボールを弾かれて、21-20と1点差を残し、時間切れで勝敗が決まりました。

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
立命館宇治高校
0
13
8
0
21
高槻高校
0
7
7
6
20

次は6月16日にエキスポフラッシュフィールドにて関西大倉高校と対戦します。

 

 

photo by N