■ 第43回全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会

関西学院に敗れる

〜全国大会二回戦〜

2012年11月4日(日)第43回全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会二回戦がエキスポ・フラッシュ・フィールドを会場に行われ、京滋代表の立命館宇治は兵庫代表関西学院高等部と対戦し13-21で敗れました。

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
立命館宇治高校
7
6
0
0
13
関西学院高校
7
7
7
0
21

試合は立命館宇治のキックで始まり、関西学院のファンブルしたボールを敵陣で立命館宇治が押さえたため、いきなり得点圏からのオフェンス。立命館宇治が1Q残り7分22秒で右奥を突くランで得点を得て7-0とリードしてスタート。その後関学のオフェンスがジリジリと前進を続け、1Q残り2分9秒で関学がパスを投じてタッチダウン7-7と競り合いに。第2Qに突入すると立命館宇治オフェンスのパスが繋がりTD13-7と再びリード。関学オフェンスを封じ込め、そのまま波に乗って敵陣へ突入、前半残り2分でギャンブルするも攻撃が繋がらず攻守交代。息を吹き返した関学がゴール直前まで進み、2Q残り20秒にダイブプレーでTD。ここで前半終了13-14。

第3Qは立命館宇治のリターンから開始。攻撃は退けられ関学の攻撃に。この攻撃を止められず残り4分41秒で点を奪われ13-21と離される。この後第4Qの最後まで立命館宇治の攻守はインターセプトやビックプレーもあり輝きを見せるがゴールラインを割ることができず時間によりゲーム終了。

この結果により、立命館宇治は敗退となり、高校三年生はこの試合をもって引退となります。みなさんの熱いご声援まことにありがとうございました。

 

 

photo by N