■ 第41回関西高等学校アメリカンフットボール選手権大会 京都府予選

同志社国際に競り勝ち

2011年5月8日(日)第41回関西高等学校アメリカンフットボール選手権大会京都府予選決勝が開かれ、立命館宇治は同志社国際高校と対戦。追いつ追われつの接戦を制し勝利しました。この勝利により立命館宇治は京都府代表として関西大会に出場します。

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
立命館宇治高校
3
6
7
7
23
同志社国際
6
3
6
0
15

立命館宇治は一つ目のシリーズを攻めきれず、パントに逃げようとしたところ、スナップミスでボールを自陣奥深くで同志社国際に押さえられ、そこからタッチダウンを奪われ、0-6と得点を追う形に。その後すぐにオフェンスが相手ゴールライン際までドライブするものの、タッチダウンには至らずフィールドゴールで3点を返すにとどまります。3-6。同志社国際は、第2Qで再び立命館宇治のミスから好位置を獲得しゴール前まですすみ、フィールドゴール3点を得て、3-9と引き離しにかかります。立命館宇治オフェンスも負けじとオフェンスが前進し、タッチダウンを獲得して9-9。ところがフィールドゴールを外して同点。前半は同志社国際のリードに喰らいついて何とか同点に持ち込んだ形です。

後半、得点を先攻したのは立命館宇治。要所でパスを決めて前進を重ねタッチダウン。16-9とここでリード。同志社もその後得点をするもののTFPで2点を得ようとして失敗。1点差。16-15。第4Qには、立命館宇治ディフェンスがパスをインターセプトして好位置からの攻撃から得点を得て23-15。8点差を追う同志社は4thダウンギャンブルを幾度も成功させジリジリと敵陣へ入るものの攻めきれず。最後は立命館宇治のオフェンスがボールを進めながら時間を終えました。

立命館宇治はシードにより関西大会2回戦からの出場となります。6月4日16:00神戸市王子スタジアムにて「府立池田高等学校 vs 兵庫県2位」の勝者と対戦します。

 

photo by N