■第39回関西高等学校アメリカンフットボール選手権大会

大産大附属に快勝!
決勝戦6/27は北大津高校と

2009年6月21日(日)第39回関西高校アメリカンフットボール選手権大会準決勝が行われ、京都代表立命館宇治高校パンサーズは大阪代表大阪産業大学附属高校ファイティング・エンジェルズに36対16で逆転勝利しました。これにより関西大会決勝進出が決まりました。8年ぶり2度目の優勝を目指して頑張りますので、大きな声援をお願いします。

決勝戦は6月27日(土)10:30 KIckOff 王子スタジアムにて滋賀県代表北大津高校と対戦することになっています。

Team
1Q
2Q
3Q
4Q
Total
立命館宇治
14
7
8
7
36
大産大附属
9
7
0
0
16

試合は開始早々にセフティで大産大に先制を奪われ、その後もタッチダウンで0-9と引き離されましたが、その後オフェンスが着実に得点を重ね、1Q終了時点で14-9とリード。2Q残り5分で大産大が奪えば、返すシリーズで30秒ほどで奪い返すシーソーゲーム。前半終了時には21-16の僅差。後半に入ると、ディフェンスの集まりがよく、数度のパスインターセプトが効き、相手のオフェンスを止めて得点を与えず。ディフェンスの好調がオフェンスの回転を呼び起こし、後半2本のタッチダウン獲得に繋がりました。

同じシーズン中に関西学院と大阪産業大学附属のふたつともに勝利したことは、今回がはじめてです。関西トーナメントにおいて、パンサーズの行く手を阻むのは、大産大関学、そして関西大倉の三校でした。必死になってひとつクリアしても、ふたつめが超えられない。ここ数年はそういう状況にありましたが、今年ようやく2強を連続して倒しました。そして、決勝では関西大倉を倒した滋賀の強豪:北大津高校と対戦。史上初、京滋での関西大会決勝です。皆様の大きな声援をお願いします。

<大産大附属との過去の戦績>  (通算5勝7敗)
2009年6月21日 立命館宇治 36-16 大産大附属  
2008年11月16日   立命館宇治 27-42 大産大附属
2007年11月11日   立命館宇治 0-18 大産大附属
2007年 6月10日 立命館宇治
28-14
大産大附属
2006年11月12日 立命館宇治
13-21
大産大附属
2005年11月3日 立命館宇治
14-48
大産大附属
2005年5月4日 立命館宇治
20-36
大産大附属
2003年11月2日 立命館宇治
28-0
大産大附属 (初の全国大会ベスト4)
2003年6月22日 立命館宇治
0-17
大産大附属
2001年7月8日 立命館宇治
19-14
大産大附属 (グッドウイルボウル)
2001年6月24日 立命館宇治
7-2
大産大附属 (関西大会初優勝)
2000年11月11日 立命館宇治
6-35
大産大附属

 

<関西学院との過去の戦績>  (通算2勝3敗)
2009年6月14日 立命館宇治 28-18 関西学院  
2008年11月09日 立命館宇治 23-20 関西学院  
2007年6月17日   立命館宇治 26-29 関西学院
2003年11月29日   立命館宇治
6-10
関西学院
1999年6月5日 立命館宇治
0-28
関西学院

 

 

photo by N