■フラッグフットボール日本選手権

日本選手権ジュニア部門優勝

2009年1月3日(土) 第9回フラッグフットボール日本選手権(主催:日本フラッグフットボール協会)が東京ドームで行われ、立命館宇治中学パンサーズは早稲田実業中等部ウォーリアーズ・ジュニアと対戦し40対20で勝利し、日本一の栄冠を手にしました。3年ぶり2度目の優勝です。

Team 前半 後半 Total
立命館宇治中学校 26 14 40
早稲田実業中等部 6 14 20

試合は前半に立命館宇治中学が大きくリードします。途中早稲田実業にゴール目前まで進まれましたが、辛うじてタッチダウンを逃れました。後半に入ると早稲田実業も効果的なプレーで得点を重ねましたが、前半のリードで立命館宇治が逃げ切りました。

このゲームはアメリカンフットボールの日本の最高峰であるライスボウルの前の取り組みとして行われ、試合会場には、立命館大学の宇治出身の選手やパナソニック電工の高田選手や長谷川選手とも出会うことができ、トップアスリートをとても身近に感じさせていただく機会にもなりました。

まだ中学生の彼らが今日のこの経験を経て多くのことを感じ、学んだことと思います。応援には友人、保護者をはじめ、多くの方々が東京まで足をお運びいただきました。年の初めに幸先の良い結果を得ることができました。今後ともこのチームにご指導、ご声援を賜りますよう、お願い申し上げます。

↑ 1月2日東京へ向かう新幹線の中から見た富士  

 

photo by N