■第62回甲子園ボウル(中学招待試合)京阪神地区予選

中学パンサーズ 地区優勝
甲子園ボウル出場権を獲得

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
立命館宇治
0
0
8
8
16
高槻中学
0
0
0
0
0

2007年12月2日(日) 王子スタジアムにて京阪神地区予選の決勝戦として立命館宇治中学対高槻中学の試合が行われました。試合は前半は五分と五分の戦いで0−0。後半第3Qに立命館宇治がパスをつないでゴールまで到達すると、第4Qにも要所でランプレーを織り込んで前進を継続し、8点を追加。勝利を確実なものとしました。

これにより立命館宇治中学が甲子園ボウル出場権を獲得。12月16日10時より大阪市長居陸上競技場で行われる甲子園ボウルの中学招待試合に出場し、長浜西中学と対戦します。

立命館宇治中学アメリカンフットボール部パンサーズは2003年春、中学校創立と同時に創部。2005年春に初めての公式戦出場をし、その年の秋に京阪神地区で優勝甲子園ボウル優勝を経験しています。この他、フラッグフットボール日本選手権においても、2006年優勝2007年準優勝の栄誉に輝き、今年の夏に行われたNFLフラッグ日本大会ではベスト4になっています。創部当初より監督をつとめてきた押淵毅監督は、「甲子園ボウルでも必ず勝利し、みんなで成長してきた喜びを分かち合いたい」と笑顔で語っていました。

photo by N