■第62回甲子園ボウル 中学招待試合

中学パンサーズ
甲子園ボウル(中学招待試合) 優勝

2007年12月16日(日) 大阪市長居陸上競技場にて行われた甲子園ボウル中学招待試合が開催され、それぞれの地区から勝ち上がった立命館宇治中学対長浜市立西中学校の試合が行われ、24対0で立命館宇治中学(監督:押淵毅)が勝利しました。これで立命館宇治中学は2年ぶり2度目(前回は2005年)の優勝です。

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
立命館宇治中学
0
12
0
12
24
長浜市立西中学
0
0
0
0
0

試合は前半長浜西のリターンから開始。長浜西は巧みにパスを繋げて前進をつづけ、立命館宇治ディフェンスを苦しめます。第1Qはお互い競り合う模様。第2Qに立命館宇治のパスが大きくつながりようやくタッチダウンを得ます。トライフォーはキックを蹴ろうとするも、慣れないせいか不成功。(その後のトライフォーも失敗しつづけます)。さらにパスで得点をあげ12−0に。第3Qは一進一退。ディフェンスは相手オフェンスの前進を阻みます。4Qにオフェンスも長い縦パスを繋げてゴール前にすすみタッチダウンを得て突き放し、勝利を決定づけました。

沢山の保護者や級友が大きな声援に支えられ楽しくプレーができました。本当にありがとうございました。また、このような素晴らしい会場で試合ができたことを関係者のみなさまに感謝いたします。

photo by N