立命館宇治 対 同志社国際
アメリカンフットボール 中学記念試合

 2006年4月30日(日)11時、宝ケ池球技場を会場に立命館宇治中学対同志社国際中学のアメリカンフットボール記念試合が行われました。今回の記念試合は京都府にある中学校の2チームが初めて行う試合で、今後の京都府のフットボールを発展させていくためにも大切な取り組みです。

Team
1Q
2Q
3Q
4Q
Total
立命館宇治
0
6
0
6
12
同志社国際
0
0
6
0
6

 試合は状況としては、ほぼ互角。少し立命館宇治のボールの支配時間が長かった程度です。立命館宇治はゴール直前まで進みますが、同志社国際の好ディフェンスに阻まれ、ゴールをなかなか割れずにインターセプトなどで攻撃権を失うこと数度。苦しい展開を見せます。第2、第4クォータで2TDを得て、試合を制したものの多くの課題を残しました。

同志社国際中学のみなさん

今日はどうもありがとうございました。京都府南部にある中学としてお互い切磋琢磨しながら成長していきましょう。また練習試合などよろしくおねがいします。(http://www.ritsumei.ac.jp/ujc/student_act/club/amefoot/04with_doukoku/