● 2006年度 関西大会2回戦

アメリカンフットボール関西大会

立命館宇治 北大津高校に勝利

 2006年6月4日(日)16時、王子スタジアムにて関西大会2回戦、立命館宇治(京都府代表) 対 北大津(滋賀県代表)の試合が行われ、立命館宇治が21対7で勝利しました。

Team
1Q
2Q
3Q
4Q
Total
立命館宇治
8
6
0
7
21
北大津高校
0
7
0
0
7

試合は第一クォーター6分にパスプレーから左オープンを走り抜けるビックプレーからタッチダウン、得点が動きます。ところが、第二クォーターは北大津の巧妙なパスが次々と決まり、立命ディフェンスが苦戦。立命館宇治、北大津がそれぞれ1TDを上げ、試合は互角の様相に。後半に入り第3Qは北大津がボールを支配する時間が長く、立命館宇治は相手の好パントで自ゴールを背に攻撃させられるなど苦戦が続きます。次に得点が動いたのは第4クォーターのはじめ、50ヤード付近から始めた攻撃が続きTD。勝利を近づけます。その後も北大津はギャンブルでロングパスを成功させるなどし、好プレーを見せますが、結局ゴールラインを割れずに終わりました。

立命館宇治はこの試合に勝利したことにより、6月11日(日)午後1時30分開始で準決勝、関西大倉高校と対戦します。関西大倉は昨年度の春の優勝校。関西屈指の強豪です。