中学パンサーズ

関西中学選手権準決勝で関西学院中等部に敗れる

 2005年6月11日(土)王子スタジアムにて関西中学選手権準決勝が開催され、立命館宇治中学は関西学院中等部と対戦、6対36で敗れました。この日は朝から雨模様。スタジアムの人工芝にも水が浮く状態。関学中は1Qの第一プレーで縦に長いパスを通し、そのままタッチダウン。関学中のリードで試合が始まりました。立命館宇治中はこの後も関学の攻撃を止めきれず合計5本のタッチダウンを奪われます。立命宇治オフェンスは随所に光るプレーを見せますがまだまだ荒削りの状態で要所でつながらず、トータルで1本のタッチダウンに終わりました。創部はじめての公式戦は関西ベスト4で終わりました。次は秋の甲子園ボウルに向けた戦いの準備に入ります。

Team
1Q
2Q
3Q
4Q
Total
関西学院
14
8
6
8
36
立命宇治
0
6
0
0
6

今回の試合には、新しく赤のユニフォームを作り試合に臨みました。また保護者会により応援幕が張り出され、熱心な応援がありました。