パンサーズ一回戦突破

東邦高校に勝利!

2004年11月3日、万博運動場を会場に第35回全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会一回戦が行なわれ、京都府代表として出場した立命館宇治高校パンサーズは東海代表、東邦高校と対戦し、53対13で勝利しました。

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
立命館宇治
7
19
13
14
53
東邦高校
0
6
7
0
13

次は関西地区の準決勝。大阪代表の関西大倉高校と対戦。11月14日(日)14時から王子スタジアムで激突します。関西大倉高校とはこの春の関西大会の準決勝で対戦した相手。このときは10対10の引き分け、抽選で残念ながら決勝進出を逃したという過去を持っています。実力は五分と五分。今度はどちらに勝利の女神が微笑むか。

この日の会場には野球部の近畿大会の応援からひきつづきチアリーダー部が応援に駆けつけ、熱い声援をおくってくれました。この他、沢山の生徒の皆さん、卒業生の先輩方、保護者の方々にも応援をいただき、選手一同勇気づけられました。どうもありがとうございました。