パンサーズ破れる

 

2004年11月14日、王子スタジアムを会場に第35回全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会準々決勝が行なわれ、立命館宇治パンサーズは関西大倉高校に14対38で破れ、今年度の成績は全国ベスト8でとまりました。

Team 1Q 2Q 3Q 4Q Total
立命館宇治
0
7
0
7
14
関西大倉
0
14
14
10
38

試合は前半第二クォータに関西大倉の先制点で動きます。その後立命館宇治がタッチダウンを奪えば、関西大倉も得点。激しい争いが繰り広げられます。第二クィーター終了直前、立命館宇治はゴール前まで進みますが、関西大倉はそれを阻止。前半は7対14で折り返しになりました。第三クォータは関西大倉のディフェンスが奮起して立命館宇治のオフェンスを封じこめに成功し、2TDを奪い引き離します。立命館宇治は第4クォータの終了まで勝利を信じて戦いましたが、時間が尽き14対38で関西大倉が勝利しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の会場には、たくさんの級友、父母、中学生が応援に駆けつけ、スタンドが一体となって、フィールドの選手たちに熱い声援を投げかけてくれました。苦しい試合であっただけに、みなさんの励ましが本当に選手たちを奮い立たせてくれました。心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

負ければ引退の過酷なトーナメント。この日をもって三年生は引退をすることになります。未だ達せぬクリスマスボウル出場の夢は後輩に託して。

● 三 年 生
主将 55 C 西川裕亮 大正中学校
副将 33 RB 山本曜司 広野中学校
副将 4 DB 小島 淳 蜂ヶ岡中学校
副将 79 OL 姉川和章 大枝中学校
2

DB

川口 翔 花山中学校
5 WR 土井俊明 朱雀中学校
12 QB 今西亮平 東海大付属仰星
15 LB 川久保和馬 寝屋川第二中学校
17 WR 砂原伸一郎 大久保中学校
20 WR 田原 樹 スラバヤ日本人中学校
22 WR 矢盛琢磨 長浜西中学校
32 DB 大塚智久 久御山中学校
35 TE 立川 潤 中国大連日本人中学校
51 DL 岡野祐己 成徳中学校
52 MLB 杉田卓司 深草中学校
65 OL 廣瀬 誠 南城陽中学校
77 DL 山岡昭士 長浜南中学校
80 TE 山田真一 久御山中学校
88 DB 岡田和也 桂川中学校
98 LB 能政夕介 高穂中学校
STAFF MGR 岡本 薫 奈良教育大付属
  STAFF MGR 羽田乙夏 東輝中学校