ベアーズとはじめてのスクリメージ練習

2003年10月25日(土)京都ベアーズをお招きして、立命館宇治中学校アメリカンフットボール部としてはじめての合同スクリメージ練習を行い、この日はじめてショルダーをつけて11人でディフェンスとオフェンスチームを作り小さなゲームをしました。中学チームはこれまで13人で約半年間、パスキャッチなどを中心として練習をしてきましたが、フルメンバー11人でのゲームの経験がありませんでした。はじめてポジションに分かれてのゲームに、はじめはどのくらいできるのか不安もありましたが、パンサーズの選手達はプレーの度ごとに理解を深めていき、しばらくするとチームの形らしいものが出来始め、チームとしては非常に重要な一歩となりました。

この日ベアーズは中学生と小学生のふたつのチームが来てくれました。また大学チームの平井総監督も指導に来ていただきました。

こうして当たる練習もこの日が初めて。ベアーズの皆さんに胸を貸していただいて貴重な経験となりました。

ベアーズの中学生チームは中学一年生が主体のチーム。

ベアーズの小学生チームとプレー。小さくても速くて強い。

ベアーズの みなさん。今日は本当にありがとうございました。