関西大会準決勝         
 関西大倉高校に競り合いの末、勝利!

 6月15日(日)万博記念球技場を会場に関西大会準決勝。立命館宇治は大阪第二代表の関西大倉高校と対戦し、激しい戦いのを展開し僅差の3対0で勝利しました。

 試合は前半、いずれのチームも譲らずで得点は動きません。関西大倉はランプレーを中心として、ジリジリと前進しますが、ゴールラインを割ることができず、一方立命館もラン・パス織り交ぜての攻撃も関西大倉の激しいディフェンスに合いゴール近くまで進めてもあと少しが進めません。

 得点が動いたのは第三クォーター、立命館宇治の攻撃、ゴール手前まで進めて4thダウンを迎え、オフェンスはフィールドゴールを選択。キックが成功して3点を得ます。(写 真右)結果としてはこの3点がゲームを通しての唯一の得点となりました。その後も両者の戦いは激しさを増し、ゲーム終了時まで手に汗握る状態が続きますが、両チームのディフェンスがよく集中し攻撃を続けさせませんでした。

Team
1Q
2Q
3Q
4Q
Total
立命館宇治
0
0
3
0
3
関西大倉
0
0
0
0
0

■応援ありがとうございました。

チアリーダー部、保護者、クラスメイト、卒業生の皆様には応援に来ていただきありがとうございました。おかげで決勝に駒を進めることができました。選手とスタッフ一同精一杯頑張りますので、最後までの御声援よろしくお願いします。

◆ 関西大会決勝

6月22日(日)14:00 王子スタジアムにて、 大阪産大付属高校と対戦

◇◆◇ Photo ◇◆◇