2003年6月28日(土)神戸王子スタジアムを会場に関西高等学校アメリカンフットボール連盟主催「アメリカンフットボール高校選抜戦プリンスボウル」が開催されました。このプリンスボウルは昨年まで行われていた「グリーブボウル」「西宮ボウル」を統合し、「京都府高校選抜 対 滋賀県高校選抜」「大阪府高校選抜 対 兵庫県高校選抜」の二試合を行う高校フットボールの祭典です。会場の「王子スタジアム」にちなんで「プリンス」と名付けられ、今回はその第一回の記念すべき試合です。本校からはオフェンスユニットとディフェンスの優秀選手の合計20名が選抜され、さらに京都府チームのキャプテンとして木下恵一郎、マネージャーとして吉竹綾美、中西瞳の二名が任命されました。

試合は第1Qから得点が動きます。立命館宇治のオフェンスがパスを中心に攻撃をすすめて得点をあげると、次には同志社国際オフェンスがオプションを生かしてタッチダウン。ディフェンスも良く。滋賀県のオフェンスの前進を阻み、インターセプトも含め、必ずオフェンスにバトンタッチをしてくれます。いつもはライバル同士もこの日ばかりはチームメイト。ヘルメットの色は異なりますが、白地に青のナンバーのついた同じデザインのユニフォームに身を包み、京都のベンチサイドは雨にもめげずに終始明るい雰囲気で、「ナイスプレー」「よくやった」とおたがい声を掛け合う様子が見られました。

Team
1Q
2Q
3Q
4Q
Total
京都府選抜
20
15
7
7
49
滋賀県選抜
0
0
0
0
0

結果は京都府が49対0で勝利。これでグリーブボウルからの通算で京都府の5勝2敗。

▼個人賞

最優秀選手賞に平安高校#44上羽浩平君が、優秀選手賞に同志社国際#19荒井修平君が選ばれました。

▼2003年京都府チーム