平安高校に勝利

5月3日(祝)同志社国際高校で行われたアメリカンフットボール関西大会京都府予選第二日目は熱い日差しの中、熱戦が繰り広げられました。

試合開始早々に平安高校が大きくキックしたボールに立命館宇治選手がタッチし、自陣ゴールで押さえられ、6点を先制されます。その後すぐに立命館宇治はキックリターンでタッチダウンして取り戻し、そしてTE,WRへのパスが功を奏し1Qで23点を上げます。ディフェンスは相手のパス攻撃を封じ込め、その後の平安オフェンスの前進を阻みます。4Qではインターセプトからタッチダウンも得、トータルで52点の得点を得ました。

Team
1Q 2Q 3Q 4Q Total
立命宇治
23
7
14
8
52
平安高校
6
0
0
0
6

■同志社国際も圧勝

この日第二試合では同志社国際と紫野高校との試合が行われ、同志社国際は79点もの大量 の得点を得て勝利しています。

Team
1Q 2Q 3Q 4Q Total
同志社国際
14
33
22
10
79
紫野高校
0
0
0
0
0

■いよいよ立命同志社戦

次はこの史上最強と噂される同志社国際との対戦。関西トップを目指す京都の覇者を決定する試合は、5月12日(日)同志社国際高校グラウンドで14時開始。(当日、会場には駐車場がありませんので公共交通 機関を御利用ください。)