強豪平安に勝利!

立命館宇治 42 - 7 平安高校

チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q total
立命宇治 0 21 7 14 42
平安高校 0 7 0 0 7

 5月4日(祝)紫野高校グランドにてアメリカンフットボール京都府予選の第二日が行われました。この日の対戦相手はアメリカンフットボールでは伝統のある平安高校。部員数は少ないですが、ラインのサイズが大きく、最後まで粘りのあるガッツが定評のチームです。このチーム相手にサイズ的には小さい立命宇治の中央のプレーがどの程度でるのかが期待される試合でした。第一クォータはどちらも得点できず。立ち上がりは互角に見えました。均衡は第二クォータで破れます。立命宇治が続けて得点し、平安も負けじとパスを通して得点を得ます。平安の16番の選手はキャッチの能力に優れたものを持っていました。そのあとはチャンスを得点に繋げて立命宇治が流れに乗ります。ロングパスをキャッチして#13WR赤司がタッチダウンを二本獲得するなどして得点を広げました。ディフェンスもインターセプトなどで相手の流れを断ちきり勝利に大きく貢献しました。

 結果、点数としては大きく開いた感がありますが、実際の試合では平安の選手の頑張りは目を見張るものがありました。殆ど交替の選手が無いなかでオフェンスとディフェンスの両方をこなし、最後の1秒まで力一杯プレーをやり抜くファイトにはチームの壁を越えて感心の声があがりました。得点差の問題ではなくフットボールに対する「こだわり」あるいは「自らの存在の証明」というようなものを見せてもらったように思います。ちょっと上手く事が運ばなかったら「やめる」と言って逃げてしまう人間が多いこの頃、そんな薄っぺらな人間には持ちえない何かを彼らは持っているのだと思います。このチームの素晴らしいところに我がチームも少しでも近づきたいと話し合いました。


 この試合にはチアリーダが駆けつけ最後まで変わらぬ応援を繰り広げてくれました。また選手と保護者のOB,OGも多数駆けつけてくれました。どうもありがとうございました。


次は同志社国際高校と京都の優勝校を決める試合です。さらなる応援をよろしくお願いします。