平安高校に勝利!

 9月30日(日)紫野高校グラウンドを会場に全国高等学校アメリカンフットボール京都府予選の第二日目が行われました。試合の少し前から小雨が降りだしましたが、水たまりができるほどではありません。

この日は平安高校と対戦することに。平安高校は少人数ながらも、タフでガッツのあるプレーが伝統の学校です。

一方、立命館宇治はQB池野が故障で欠場。1年生の木下雅斗#18がQBとして出場しました。どうなるかと心配されたものの木下は落ち着いてプレーし、RB佃や山村、TE清水とのコンビネーションもよく着実に前進していきました。ディフェンスも第四クォータで平安の攻撃が厳しくゴール前まで持っていかれましたが、なんとかこれに耐えゼロ封とし、25対0で勝利を治めました。

また、この日の応援には、保護者、卒業生、大学職員等のみなさまが沢山来ていただき、会場は活気に溢れていました。

Team
1Q
2Q
3Q
4Q
Total
立命館宇治
7
6
0
12
25
平安高校
0
0
0
0
0

■ここがいい

立命館宇治の1年生の良いところは、自分たちの学年の選手がフィールドに入ると、名前を呼んで応援するところです。この試合でも1年生から何人も出場していますが、その度に「まさとー」「さくらー」「わだー」「がんばれー」という具合に声が飛びます。また、ベンチにいる選手も同じ学年の選手がでると「うれしい」と言います。そしてその選手が活躍してベンチに還ってくると一緒に喜んでいます。そんな声を聞くとうれしくなります。試合のときには山も谷もあります。上手くいくときも行かないときも声を掛け合うことです。チームが全体として上手く回転しているときの声はいい響きがします。この響き合いが生まれると負ける気がしなくなります。

次は全勝同士の対決

次は同志社国際高校と対戦します。同志社国際もこの日紫野高校と対戦して34対6で勝利しています。優勝決定戦は10月13日(土)14時、場所は同志社国際高校グラウンドにて行われます。これに勝利したほうが京都代表として全国大会に出場する権利を得ます。(なお、会場には駐車場がありません。車での御来場は固くお断りします。公共交通 機関を御利用ください)

チアリーダ部のみなさん応援ありがとうございました。