Bイギリス・ツーリズム 2018年08月31日

イギリス・チェルトナムコース、全研修を終え明日帰路へ。

イギリス・チェルトナムコース、全研修を終え明日帰路へ。

充実の研修、フェアウェルパーティーも大成功でした!

2週間にわたるイギリス・チェルトナムでの研修もあっという間に最終日となりました。
たくさんの思い出とともに、成長した姿で最後まで安全に気を付けて日本に帰ります。

28日(火)は、イギリス人学生との交流。たくさんの質問を準備して、小グループに分かれて英語での交流を楽しみました。午後には、そのイギリス人学生と一緒にクリーブヒルへハイキングに出かけました。チェルトナムの街を一望できるクリーブヒルで、友人と、そしてイギリス人学生と一緒にたくさんの写真を撮りました。

翌29日(水)には、2週間の学びの集大成ともいえるプレゼンテーションの発表がありました。一生懸命練習したプレゼンテーションをクラスメートの前で自信を持って一人ずつ発表することができました。そして、午前中の最後には、修了式も行いました。2週間英語の授業を担当してくださった先生方から、みんなの頑張りや成長を褒めていただきました。
そして、夕方に控えたフェアウェルパーティーの準備開始!!ダンスや演奏、クイズやマジックなど様々な出し物のリハーサルをしながら、日本食の試食、ヨーヨー釣り、お抹茶、流しそうめんなどのおもてなしブースの準備に奔走しました。今までお世話になったホストファミリーに感謝の気持ちを伝えるべく、みんなで協力することができました。最後の感謝の手紙を読むときには、多くの生徒やホストファミリーが涙し、感動のパーティーになりました。

30日(木)は、ついに研修場所のチェルトナムを離れる日。早朝、ホストファミリーにバス乗り場まで送っていただき、一路ストーンヘンジへ。世界遺産でもあるストーンヘンジを前に、たくさんの写真を撮っていました。バーミンガムの空港近くのホテルに向かう前に、最後に立ち寄ったのが、“お風呂(bath)”の語源になったともいわれるバース。映画「テルマエロマエ」のような大衆浴場を見学することができました。最後の自由時間ということもあり、生徒たちは思い思いのお土産を買いバースを後にしました。

明日31日の早朝の便で、バーミンガムからフランクフルト経由で関西国際空港へ向かいます。生徒たちは「イギリスからまだ帰りたくない!」というほど、充実した研修を送ることができました。そんな成長した生徒から、いろいろなお話を直接聞けることを楽しみにお待ちください。最後まで安全に気をつけて日本に帰ります。


クリーブヒルハイキング!チェルトナムの街を一望!

”Best students ever!”とお褒めの言葉をいただいたAクラス!



いつも愛されキャラのジョン先生とともに(Bクラス)

みんな笑顔ではいチーズ!(Cクラス)



たくさん説明をしてくれたアニータ先生とともに(Dクラス)

いつも元気いっぱいのサッカー部!英語の授業も頑張りました!



バースにあるロイヤルクレセントにて

世界遺産ストーンヘンジの前で(1号車)


>> back

(C)Copyright Ritsumeikan Uji Junior High School All rights reserved.