保護者会

2014年03月18日

3/11 高校「卒業を祝う会」が開かれました

まだ寒さが少し残るものの春らしい日となった3月11日午前、学校体育館にて高校の卒業式が執り行われました。その後、午後5時よりホテルグランヴィア京都にて教職員22名・保護者127名が出席のもと「卒業を祝う会」が開かれました。
卒業式の余韻を残しつつ始まった会。担任の先生方の紹介は子供たちが選んだ先生のテーマ曲。その曲をBGMに少し照れながら入場され、ほのぼのとしたスタートです。フォックス校長先生のご挨拶の後、乾杯!と続きました。
美味しいお料理をいただきながら研修旅行のDVDや子供たちが作成したDVDを観て、子供の成長を喜びつつ月日の経つ早さを感じました。
先生方から3年間を振り返るDVDを見せていただき、その後は・・・武内先生がピアノを、フォックス校長と岩崎副校長のデュオに西原先生の弾き語りと心のこもった演奏が続き、拍手喝采。宴はいよいよ盛り上がり、担任の先生方の合唱と続き、最後はグレースの美しい歌声を聴かせていただきました。
先生方への感謝の花束贈呈の後、みんなで学園応援歌「グレーター立命」を歌いまた盛り上がり、先生方を見送ってお開きというまさにその時、西原先生から突然のサプライズ!学年委員長・副委員長を3年間続けて下さった樽谷さん、中河さんに感謝状が手渡されました。突然のことにお二人とも驚きつつも感激されていました。高校の3年間、この学年のためにご尽力いただいたことに感謝の拍手が鳴りやみませんでした。
長い会がお開きとなった後も、名残り惜しくあちらこちらで話が尽きない模様。「また、会いましょうね」と、皆様家路につかれました。
この会を企画していただいた卒業委員の皆様、有難うございました。先生方・役員をしていただいた皆様、三年間ありがとうございました。 (文責 C・K)

戻る