保護者会

2013年09月19日

9/15 立命館附属4校交流会が開催されました。

9月15日(日)大型の台風18号が近づく中、今年も立命館附属4校交流会が開かれました。今年度は、お隣滋賀県の立命館守山中学校高等学校がホスト校となり、PTA役員の方が総出で出迎えてくださいました。

交流会開会に先立ち、立命館守山PTA会長瀬野様と立命館守山中学校高等学校校長亀井様から温かい歓迎のお言葉を頂戴しました。その後深草の立命館中高・北海道の立命館慶祥中高、我が校立命館宇治の現状報告、役員の紹介に移りました。どの学校も特色ある活動をされていることがよくわかりました。また役員紹介では各校工夫をこらした紹介で、後のお食事会で隣り合わせた席になった際も、「◎◎と紹介されていた方ですよね」と声をかけやすくしてくださいました。

その後、各校から他校への質問や、工夫点などを話し合い、交流会は和やかに終了しました。
休憩をはさんで、立命館守山中高のキャンパスを見学させていただきました。あいにくの雨でご自慢のグラウンドにはたどり着けず、残念。校内は1足制にも関わらず大変綺麗に清掃されており、また雨の日にも傘を差さずに建物を移動できる屋根つきのアプローチなど、随所に我が校とは異なるエッセンスが配されていて、大変勉強になりました。我が校と負けず劣らずの緑の多さも印象的でした。

雨脚は強くなるばかり・・・多少の不安を抱えながら、一同は琵琶湖水生博物館に移動し、短時間ではありましたが見学を。その後大津市内のホテルにて交流お食事会を楽しみました。お食事会でも立命館守山の「お・も・て・な・し」が生きていて、大雨に水を差されることもなく、とても楽しく和気藹々と交流することができました。

日頃、本部役員は自校でのイベントや問題点にばかり目を向けがちですが、こうして附属校の役員が集まることで、問題点の提起や悩み事の解決法の模索、自校にない工夫点などをわかちあうことができ、それぞれの良い点をとりいれたり、真似をしたり、益々発展させたりと、保護者の皆さんにより楽しく、ご理解いただける活動の礎とすることができました。「保護者間のより良きつながりを目指していくこと」を考えるいい機会となっています。私たち本部役員も微力ながらますます努力をしていこうと誓いました。

来年度は北海道の立命館慶祥中学校・高等学校にて開催される予定です。(文責 K.K)

戻る