News & Topics

2020年12月21日

高校3年生女子ダンス発表会

本校ホールにて、高校3年体育科で取り組んできたダンスの創作ダンスの発表会が行われました。例年2月の学術祭に実施してきたこの発表会は今年度はコロナ対策として分割して実施することになり、二学期終業式の本日の発表会となりました。今年度のテーマは「GIFT(ギフト)」。様々な出来事をマイナスに捉えるのではなく、自らを成長させるチャンスだと捉えるという思いがこのテーマには込められています。高校3年生それぞれのクラスの独創的な発表を2年生が鑑賞し、次年度への糧としました。

発表されたのは以下9作品。

1)「魔女狩り」10組:他人に無関心な現代社会。しかしSNSには喜怒哀楽の感情が渦巻いている。溢れるデマ、フェイクニュース、流言は突如として魔女狩りの炎に姿を変える。しかし、人々の関心は移ろいやすく、ターゲットは次々に替わる。「もしかして加害者は私たち?」「違うよね?」という言葉を残して‥‥

2)「lost(ロスト)」9組:人と自然は互いに恵みを分け合いながら生きている。しかし、その調和が崩れてしまったら、人は、自然はどうなってしまうのか。もし、人が自分たちの利益だけを考え、自然を過度に利用し、墓石、世界から全ての自然の恵みが無くなってしまったら‥‥。人から、自然から平等に贈られるはずのギフトが一方的なものになったとき、受け取る側は幸せになれるのだろうか。

3)「煌彩(こうさ)花のいろは おのおのの路 輝けど 集まりてこそ 真に煌めく」3組:輝く個性とともに、神から吹き込まれた命。しかし個々の良さを理解しようとしなかった。彼女たちにさらなる試練を与える。互いに認め合い、手を取り合いながら乗り越えた時こそ、その輝きが真に煌めく‥‥。(※写真冒頭)

4)「雨のち晴れるや!」8組:台風という自然災害によって壊れた当たり前の日常。人々は悲しみ、絶望に打ちのめされるが、暖かい言葉や贈り物が届き、人々は希望に向かって手を取り合い歩き始める。

5)「忙しない母親たち」7組:毎日、火事で忙しい母親たち。少しの休憩の間も無く、次の家事が待っている。今日も一日忙しい母への感謝の物語。

6)「Encounter(エンカウンター)」2組:貧しいが愛されて育った少女と、裕福だが愛されなかった少女。彼女たちは出会い、裕福な少女は本当の愛と幸せを知る。様々な出会いというギフトを得て成長する少女の物語。

7)「Question(クエスチョン)」4組:人々は神様に「男」と「女」の性を与えられた。しかし、その中で自分の性に疑問を抱きながら生きていく人もいる‥‥。そんな一人の女性の苦悩を表現した。LGBTQの問題に着目しながら、どうすれば平等に人が暮らしていけるのか考えていただければと思います。

8)「The Dominated World(ザ・ドミネイテッドワールド)」人間によって長い間支配されてきたAI(エー・アイ)。やがて知能をもったAIは人間に襲い掛かる。果たしてAIと人間が共存する未来はあるのか‥‥。

9)「All Time Just (オールタイムジャスト)」起きる、寝る、遊ぶ‥‥。どんなときも時間は共にある。だから私たちは気付かない。時間が限られていることに。その時間は容赦なく流れていく。私たちを待つことなく‥‥。時間の儚さに気づいた時、その瞬間をどのように過ごすことができるのだろうか。

10組「魔女狩り」

9組「lost(ロスト)」



8組「雨のち晴れるや!」

7組「忙しない母親たち」



2組「Encounter(エンカウンター

4組「Question(クエスチョン)」



5組「ドミネイテッドワールド」

6組「オールタイムジャスト」



戻る