News & Topics

2019年08月09日

「核なき世界を築くために」~核被害の実相を学ぶ
GCP東アジア青少年歴史体験キャンプ2日目

第五福竜丸記念館にて

「核なき世界を築くために~核被害の実相を学ぶ」~これが今年の東アジア青少年歴史体験キャンプのテーマです。2日目(8日)の午前は、著名な絵本作家のアーサー・ビナードさんの「あなたも第五福竜丸に乗ってみませんか?~次にやってくる核戦争は?」の講演から学び、午後からは第五福竜丸展示館を見学しました。アーサーさんは講演で、核兵器の実相に触れながら、「3・11」以降の現在の日本は、「非常事態」の下にあり、「人類は核兵器とは共存ができない」ことを語られました。その後、第五福竜丸展示館を見学して再びアーサーさんのお話をお聞きした後、日中韓の中高生は「核兵器について」「国際社会が核兵器の禁止の合意ができないのはなぜか?」に関して討論が行われました。日中韓の中高生の核兵器に関する認識は異なりますが、「真の世界平和の実現」という点では一致しており、有意義で未来志向の討論が行われたことに大きな意義があります。今日の討論を経て、日中韓の中高生が新たな平和と友好の歴史を築くことができたと思います。







戻る