News & Topics

2019年04月03日

文部科学省World Wide Learningコンソーシアム構築推進事業(WWL)
全国で10校の「WWL」基幹校に本校が選ばれました

 立命館宇治高等学校は第1期のスーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)校として5年間の実績を積み上げ,昨年度末でその指定が終了しましが,本年度より開始されるSGHの後継事業である,文部科学省『World Wide Learningコンソーシアム構築推進事業』(WWL)拠点校に引き続き採択されました。
 Society5.0の時代に向けて,イノベーティブなグローバル人材を育成するため,文系・理系を問わず各教科等をバランスよく学ぶ教育課程を編成するとともに,高等学校等と国内外の大学,企業や国際機関等が協働して,先進的カリキュラムの研究開発・実践,テーマと関連した高校生国際会議の開催等の,高校生へ高度な学びを提供する体制整備を進めることが目標とされています。
 立命館宇治高等学校では,昨年度『総合的な探究の時間』の研究開発学校(文部科学省指定)として,全国に先駆けて『総合的な探究の時間』のカリキュラム開発を行ってきましたが,さらにそれをWWLに引き継いで発展すべく,主体的に生徒が学ぶことができる文理融合のカリキュラムを開発する予定です。その中には,学校設定科目として『SDGs』(持続可能な世界実現を主体的に考えるための科目)を設置するなど,様々な新しい挑戦を手がけています。また,立命館大学,立命館アジア太平洋大学をはじめ,連携する高等学校やグローバル企業,NPOとともにネットワークを作り,共同で新しいカリキュラムや研修,高校生国際会議を構築する予定です。

 詳しくは、以下の文部科学省のプレスリリースページをご覧下さい。

 文部科学省のプレスリリースページ

戻る