News & Topics

2018年12月25日

全国高校選抜スポーツクライミング選手権
高田明里さん(高3理科コース)健闘しました!

2018年12月22,23日、「第9回全国高等学校選抜スポーツクライミング選手権大会」が埼玉県加須市加須市民体育館にて開催され、本校理科コース高3の高田明里さんが、近畿での予選を勝ち上がり参戦しました。

選手以外の一人がもつロープ一本が落下したときの命綱となり、約15mを6分以内に登っていく「リード方式」。写真では4コース並んでいますが、右から男子Aコース、男子Bコース、女子Cコース、女子Dコースとなっています。2つの合計で競い合い、高く、かつ早い方が勝者となるこの競技は、インターハイ種目ではありませんが、昨今の盛り上がりをみると、やがて・・・が期待されています。

参加選手は高校生ながら、アジア大会、国際大会で上位入賞をはたす選手も多数いて、軽快なポップミュージックとDJ風の司会の進行により、会場はものすごい熱気に包まれていました。会場の加須市は市をあげてスポーツクライミングに力をいれている所。この大会の主催は,日本山岳・スポーツクライミング協会、全国高等学校体育連盟、加須市、加須市教育委員会です。

高田さんは、一本目にDコース、そして二本目にCコースを登り、残念ながら予選を通過することはできませんでしたが、今後の課題も見え、充実した大会になりました。

男女2つずつのコース

登っています!



戻る