News & Topics

2018年11月16日

2018年度立命館宇治高等学校 コア探究公開研究会
コア探究の授業「問いを立てる~教科を学ぶ意義について~」

11月15日、本校においてコア探究公開研究会を実施しました。文部科学省の研究開発学校として指定を受け、高校1年生IGコースでは、新教育課程に先立ち総合的な探究の時間(コア探究)を設置し、自ら進んで学ぶ意欲とそのスキルを持った生徒の育成を目指しています。
研究会では、コア探究の授業「問いを立てる~教科を学ぶ意義について~」を公開し、また、酒井淳平(立命館宇治高等学校:高校1年主任)による実践報告をしました。
さらに、荒井優先生(札幌新陽高等学校:校長)にご講演いただき、「何のために高校に行くのか」また「多様性がある中でチームを組む社会」について、ご自身の体験を踏まえた貴重なお話をお聞きしました。
全国各地より、数多くの先生方や教育関係者にご来校頂き、ご指導・ご助言いただきましたことをお礼申し上げます。





戻る