News & Topics

2018年10月01日

【中学SA】茂山竜正くん、虎真くん、興風祭で狂言を披露

9月22日(土)興風祭の最終日、本校大ホールで中学SA生を代表して茂山竜正くん、虎真くんは
狂言「しびり」を披露しました。
また、茂山逸平(立命館大学文学部出身、推薦校友)さんには後見を務めていただきました。
*後見とは、能・狂言などで、演技者の後方に控えて、装束の直し、小道具の受け渡し、
その他演技の進行の介添えをする者。

狂言を終えて竜正くんは「いつもの舞台よりも大ホールの方が広いため、大きな声を出さなけれ
ばならなかったので苦労しました。今回は大ホールでしたが、いろんな場所で狂言をしたいです。」
虎真くんは「リハーサルでは間違いがありましたが、本番ではノーミスでできました。『しびり』は
子どもが演じる機会が多い狂言です。次は教える側になるので、今回のことを忘れず次につなげたい
と思います」と、抱負を述べていました。

皆さんの声援をよろしくお願いします。





戻る