News & Topics

2018年03月10日

【SAプログラム】中高合同SA学習会を行いました

3月9日(金)に中高合同のSA学習会を行いました。

中学の3年生がリーダーとなりジェスチャーゲームなどでアイスブレーキングをした後、SA生として
どのような行動を取っていくか、どのようなことに気をつけるかをみんなで考え“SA生の十カ条”
としてまとめました。また、SAP1期生で本校教員の吉留先生に、先輩としての経験を踏まえ、
“SA生の十カ条”についてお話をしてもらいました。さらに、先日保護者会の際に書いていただいた、
保護者から見た“SA生の十カ条”を提示し、その思いを伝えました。
他にも、リーダー性やコミュニケーション力の向上を目指したゲームなどを行いました。

参加したSA生の感想をいくつか紹介します。
「吉留先生の“十カ条”を聞いてみると、自分たちでは気づかなかったことたくさんありました。
さすが、先輩だなあと思いました。」
「自分たちで考えた“十カ条”と、吉留先生や保護者の考えたものは、違う部分と重なる部分が
あったけど、すべて大切なことなのでこれからも気をつけていきたいと思います。」
「吉留先生の“応援される人になれ”というのがとても印象に残りました。」
「絵本ゲームは絵を見なかったら全然わからなくて、絵を見たらわかるだろうと思っていたけど、
絵を見ても難しかったです。意見が分かれ、まとめていくのに苦労しました。」
「絵本ゲームは難しかったけど、2,3年生との仲が深まってよかったです。」
「SAは個人なので、今日のようにみんなで話し合うことやゲームをすることは大切だと思いました。
吉留先生が話されていたように、SAどうしで刺激し合えるようにしていこうと思いました。」

ジェスチャーゲーム

“SA生の十カ条”についての話し合い



吉留先生から見た“SA生の十カ条”

絵本ゲーム



戻る