News & Topics

2018年03月10日

中学2年合宿 @あうる京北
自立・自発・自覚の2日間

3月6日・7日の二日間、中学2年生はあうる京北(京都府立ゼミナールハウス)にて合宿を行いました。

生徒は自らこの合宿の目標を「最高学年に向けて自立・自発・自覚の力を身につける」と定め、合宿委員を中心として自ら企画を立てて取り組みました。ほとんど大人の力を借りることなく、多くの取り組みを行いました。
初日には「ギネスに挑戦」と銘打ち、両手での頭上ハイタッチの回数・人間知恵の輪の最高人数の2つのギネス記録に挑戦しました。続いてリーダーズ合宿の経験を活かして、最高学年として学校を引っ張っていくためには何をすべきか、クラスの垣根を越えて話し合いました。
その後、バレーボール、ソーラン節の練習に取り組みました。ソーラン節は各クラス代表生徒を選出し、全体の前で発表しました。
初日の最後には、各クラスごとに企画を考え、1年を振り返り絆を深める時間を作りました。

2日目は、はじめに研修旅行に向けて困った時にどうすればいいのか、こんなシチュエーションではどのような英語が役立つのかについて、クイズと寸劇で紹介しました。
その後、「旅立ちの日に」の合唱を各クラスに分かれて行う、合唱コンクールを行いました。2学期に行われた合唱コンクールに勝るとも劣らない、各クラスの個性を活かした接戦が繰り広げられました。
合宿の最後には、代表者が英語でのスピーチを行いました。同じ仲間たちがジェスチャーを交えて英語スピーチをする姿を、皆真剣な眼差しで見つめていました。
また、A2・IPSの生徒が、それぞれのクラスの英語授業についてパワーポイントなどを用いて紹介しました。

京都北部の気温が低い中ではありましたが、合宿委員を中心に参加者それぞれが熱意をもって活動に取り組みました。生徒たちからも「失敗も多くあったけれど、やってよかった」という声が聞こえました。
最高学年に向けて、生徒一人一人が自分から率先し、失敗を恐れず活躍する契機となりました。





戻る