News & Topics

2017年11月25日

まるっとーくに参加しました!
「理想の学校」って、どんなものだろう…?

23日(祝)、京都高大連携研究協議会主催の高大連携キャリア教育企画「まるっとーく2017」が、龍谷大学を会場に開催されました。

この企画は、府立・市立・私立の違いを越えて高校生が大学生とともにワークショップを行う中でキャリア教育を進めよういうものです。
本校からは、コース、学年の枠を超えた4名の生徒が参加しました。

当日は立命館宇治高等学校の他、京都市立銅駝美術工芸高等学校、京都市立紫野高等学校、京都府立南陽高等学校、京都府立北嵯峨高等学校、京都学園高等学校、京都橘高等学校の7校の生徒、京都府下で学ぶ大学生、教員の総勢50名ほどが参加し、自己紹介等を行った後、「理想の学校とは」というテーマで各チームごとに話し合いました。

初対面の人と1つの問題について話し合うということで、はじめは緊張の色が隠せない生徒たちでしたが、最後は笑顔で楽しく会を終えることが出来ました。
自分とは違う多種多様な生活をしている高校生や大学生との関わりは、生徒たちにとって自分自身を見つめなおすよい機会になりました。










戻る