News & Topics

2017年11月07日

【中学WOWプログラム004】「数楽Time in Rits‐Uji」

11月7日(火)20名の参加で「数楽Time in Rits‐Uji」を行いました。

身の周りにあるスケールを利用して、大久保小学校の運動場の広さを求めたり、本校の第一
グランドの広さを求めたりしました。
 始めは“身の周りにあるスケール”になかなか気づけず苦戦をしましたが、ヒントをもとに
次々と問題を解いていくことができました。

参加者の感想をいくつか紹介します。
「大久保小学校の運動場の面積が“プールの長さ”から求められるとは思いもしませんでした。
五角形を三角形と台形に分けて考えればよかったです。」
「『数楽Time in Rits‐Uji』は普段の授業みたいと思っていましたが、やってみると面白くて、
先生の話していることも面白かったです。また、機会があれば参加してみたいです。」
「僕はWOWプログラムで発想のスキルを磨くことができたと思いました。また、楽しく学ぶこと
ができてよかったです。」
「普段の数学では着目しないような所を見て計算につなげたので、色々なものの見方が広がった
と思いました。これからは目的以外のものなどにも着目して暮らしていきたいです。」
「縮尺を航空写真から見つけ出すのがとても難しかったけど、見つけて答を求めることはとても
楽しかった。」
「数学の授業と違って調べたりしてやるのでおもしろかったです。難問でしたが、またやりたい
です。」





戻る