News & Topics

2017年08月29日

高校生ボランティアアワード2017の大会に中島千歩さんと河野華果さんが出場!!
~さいたまスーパーアリーナ~

 8月9日と10日の2日間、さいたまスーパーアリーナで『高校生ボランティアアワード2017』が開催されました。この大会は、さだまさしさんが創設した「風に立つライオン基金」が主催する高校生のボランティア活動を評価する全国大会です。本校からは、「がまだすKUMATOMO」の活動が選考され全国大会に中島千歩さんと河野華果さんが出場しました。

 全国から予選を勝ち抜いた100校が思い思いのプレゼンテーションを行いました。今回の大会は、日本テレビの全国放送「ニュース エブリー」で放送され、本校の活動を大きく取り上げていただきました。

 8月9日の1日目は各校がブース発表を行い、その後全参加校の表彰と記念撮影がステージ上で行われました。さだまさしさん、若旦那さん、テツandトモのお二人、ももいろクローバーZの皆さん、に加え、小林幸子さん、マジシャンのセロさん、と記念撮影を行いました。ブース発表で自分たちの取り組みを発表した後は参加者全員での懇親会が行われました。東京MXテレビの「5時に夢中!」の生放送も入りとても楽しい活動となりました。

 8月10日の2日目はシンポジウムから始まり、パネリストの6名(国境なき医師団日本会長の加藤寛幸先生、リオパラリンピック車椅子バスケットボール日本代表の香西宏昭さん、アルピニストの野口健さん、奄美大島の医師平島修先生、ケニア在住の小児科医・公文和子先生、生きた証プロジェクト実行委員長 橋英悟住職)が高校生からの質問に答える形で行われました。その後にブースでの最後の発表を行い、2日間の締めとしてさだまさしさんのチャリティーコンサートも楽しみました。

 この発表大会は一般の方にも開放されており、2日間を通して多くの来場者がプレゼンテーションを聞いて頂きました。一般の方も投票に参加でき、投票券代わりに鉛筆を購入していただき、気になった学校、活動に感動した学校、頑張っていると感じた学校、などに鉛筆を投票することで応援する気持ちを伝えていただきました。本校の活動に対してたくさんの鉛筆を入れて頂いたことはとても励みになりました。


〈大会に出場した生徒の感想〉
 今回、ボランティアの全国大会に出場できたことは本当に貴重な経験となりました。同じ志を持つ高校生と交流することができ、様々なプロジェクトを目の当たりにし、とても良い勉強になりました。たくさんの高校生や来場者の方、更には、さだまさしさん、ももいろクローバーZの皆さん、からの声援や温かい言葉は本当に励まされたとともに、もっと頑張らねばという原動力にもなりました。今後もこのプロジェクトを頑張っていきたいと思います。

高校生ボランティアアワード2017

記念撮影の様子

戻る