News & Topics

2018年08月04日

GCP「幸せの国ブータン」より その1
中高生6名がブータンでスタディーツアー中

グローバルチャレンジプログラム(GCP)「幸せの国ブータンと京都をつなぐスタディーツアー~Joge Joge Bhutan~」の報告です。
2018年8月4日(日)、本校の中学生3名、高校生3名がブータンを訪れました。
「幸せの国」と呼ばれるブータンで、ホームステイやブータンで日本語を学んでいる学生との交流を通して、ブータンに生きる同世代の若者たちの考えや生き方に触れていきます。また、今回はブータンでの障がいを持った方々の支援教育にもスポットを当てて、学びを深めていく予定です。

ブータン初日となった今日は、飛行機の窓から見えるヒマラヤ山脈や雄大な自然に歓声をあげながら空港のあるパロに降り立ちました。
その後、ガイドのドルジさんとともに、ゾンや国立博物館をめぐり、ブータンの宗教観について学びました。
幸せの国と呼ばれている背景に、ブータンでの宗教観は欠かせないものだと実感した1日となりました。

空港のあるパロの風景



戻る