News & Topics

2017年07月25日

高校1年生CSL活動
~宇治市植物公園で子ども向けの講座を企画・実施~

7月25日(火)学校の隣りにある宇治市植物公園で
「りつうじ子ども植物園」が開催されました。
今年で5回目になるこの企画は、本校の高校生が
子ども向けの講座を企画から実施まで自分たちで
するというものです。今年度の企画名は
「高校生と一緒に藍の生葉染めをしよう!」。
生徒たちはこの企画に向けて藍の葉を育てるところ
からはじめました。最終的にオリジナルのハンカチが
できることもあって企画は好評でした。
「高校生がすごく親切に接してくれてよかった」
という感想に見られるように、企画の中身はもちろん、
高校生のお兄さん・お姉さんとのふれあいも
「りつうじ子ども植物園」の魅力の一つです。

高校1年生はキャリア授業(CSL)の一環として生徒たちが
CSL活動(≒ボランティア)に取り組みます。
ボランティア=慈善活動という狭い意味で思われがち
ですが、本校では「主体的によりよい社会を創る活動」
と位置づけています。これからの社会を創る生徒たち
だからこそ、こうした活動は大切で、これはキャリア教育の
中で欠かすことのできない視点と考えています。

植物園の企画で、子どもたちを前にした生徒たちは
いつも以上にしっかりしていました。企画後は多くの
ことを学んだことが表情にあらわれていました。
他にもフリーペーパー「うじぶら」での本校生徒による
「地元の魅力紹介」、本校オープンキャンパスでのスタッフ、
地元のお祭りでの演技披露など生徒はいろいろな活動をしています。
もちろん自分の住んでいる地域で活動している生徒もいます。
 
これらは植物公園、フリーペーパーを発行されている
会社の協力など様々な方の協力があってできる取り組みです。
これからも生徒が自分の力を「よりよい社会を創るために役立てる」
ということを大切にしたいと思います。
これからも生徒たちの活動へのご理解・ご協力をよろしくお願いします。
 

説明中!

企画開始前の準備の様子



受付は大切な仕事。

完成品!(学校にて撮影)



戻る